一軒家などで外出中に空き巣に入られた場合、 あわててすぐに家の中から110番しないこと

父親が警察官の友達から聞いた都市伝説に似てる話というよりか教訓。
特に一軒家などで外出中に空き巣に入られた場合、 あわててすぐに家の中から110番しないこと。
もしする場合はひとりではなくほかに誰かいるか、 外から警察に電話すること。 なぜかと言うと、家主の帰宅にあわてて、泥棒が家の中にまだ 隠れているかもしれないから。
その友達が言うには、110番したあと、隠れていた泥棒が出てきて、 殺されたということもあるそうです。