ある所に、ゆかりちゃんという女の子がいた。

ある所に、ゆかりちゃんという女の子がいた。
ゆかりちゃんは、お父さん・お母さんと3人で幸せに暮らしていた。
しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。
それからというもの、ゆかりちゃんのお母さんは、朝早くから夜遅くまで必死になって働いた。母子家庭だからと後ろ指を指されないように。
立派に小学校を卒業させ、中学校も卒業間際に、もともと病弱だったお母さんは、過労が重なり倒れてしまう。
亡くなる直前、お母さんはゆかりちゃんを枕元に呼び、
「ゆかり、お母さんまで先に逝ってしまってごめんね。どうしても困った時にはこれを開けなさい」
と、手作りのお守り袋を渡し、天国に行ってしまったのだった。
それからゆかりちゃんは親戚の家に引き取られ、高校へ通うようになった。通学かばんには、あのお守り袋が付いてる。
ある日、クラスの男子が
「ゆかり、いつも付けてるそのお守り、見せろよ」
とからかってきた。
ゆかりちゃんは大切な物だったので言葉を濁し、見せようとはしなかった。
それでも男子は無理矢理奪い取り、とうとうそのお守り袋を開けようとしたため、ゆかりちゃんは全てを説明し、返してもらおうとした。
しかし引っ込みが付かなくなった男子は、遂にお守りの中の物を手にしたのだった。
中には手紙が入っていて、それを見た男子は・・・絶句している。
ゆかりちゃんは今まで手紙が入っていた事すら知らなかったが、男子からその手紙を返してもらった。
その手紙を見た瞬間、ゆかりちゃんは号泣した。
手紙にはお母さんの文字で、はっきりとこう書かれていのだ。
ゆかり 死ね。