高校生の時の夏休み、友達が免許を取ったというので遊びにいこうと電話があった

高校生の時の夏休み、友達が免許を取ったというので遊びにいこうと電話があった。時間は午前三時。
むし暑い事もあって、サーフィンをやりに神奈川の海岸へ。
海についた時刻が、午前四時。けっこう人もいる。友達は仮眠中。
「俺も仮眠しようかな?」って思った時、車のドアを叩く音がする。
開けてみたら、小学5~6年の男の子が立っていた。
「今、スゴイいい波だよ。おにいさんもきたら?」
と少年がいうので、俺もサーフィンしにいこうかな?と思ったが、
「ありがとう。もう少したってからいくよ。」
と応えドアをしめたのだが、外から、少年の声がする。
「本当に波いいよ。」
「今がぜったいいいよ。」
あまりにもしつこいので、怒った口調で「わかったよ!」というと同時に少年のつぶやく声がした。
「ほんとに、いい波だよ。俺、この波で死んだんだ。」
はッとして、ドアをあけたがそこには誰もいなかった・・・
高校の時の思い出である。